年下彼氏が初めて彼女の部屋にやってきた日(前編)

今は付き合い2年目に入って
月1のデートでも多少落ち着いてはきたが・・。

 

 

付き合った当初は
当然毎日のように声が聞きたくて、
月1でのデートでも足りなかった私達。

 

 

茨城と東京の距離は近いようで地味に遠いんですよね(´・ω・`)

 

 

 

そんなある時。

 

 

彼氏が仕事の休みを多くとって
茨城にまとまった休みを利用して
泊まりに来てくれることになりました。

 

 

 

まだ寒い2月の終わり頃。

 

 

東京駅から高速バスを使って、
暗い夜の中、
田舎の茨城にたくさん着込んで、
たくさん荷物を持ってやってきました。

 

 

デートはしてはいたけれど、
どうしても帰る時間を気にして帰る日々。

 

 

バイバイするのがいつも辛いデートの終わり。

 

 

そんな時間を過ごしてきたので、
彼氏と1日中居れる日があるのがとっても新鮮。

 

 

東京ではいつも歩いて電車を使って移動する私達が、
茨城だと私の運転で車を走らせ、
ドライブ感覚で密室での移動にちょっとドキドキ。

 

 

 

遊園地や美味しい食事を食べに行くのも好きだけど、
当たり前のように一緒に居られる時間がすっごく嬉しかった。

 

 

 

 

一人暮らしの部屋に初めてやってきた彼氏はそわそわして。

 

 

「花ちゃんと結婚したらこんな感じかな//」

 

 

ってはにかみながら笑ったのが可愛くて、
その日は彼氏がいるだけで嬉しくて楽しくて幸せで、
夕食も張り切ってお鍋にしました♪

 

 

 

彼氏のためにもう1つユニクロでスウェットを買って、
彼氏用の布団を隣にひいて一緒に寝る。

 

 

 

一緒に寝るだけなのにすごく幸せで暖かくて。

 

 

 

ずっと一緒に居たいって思った次の日。

 

 

 

 

事件は起こりました。

 

 

その事件とは・・!?

 

 

次回のブログに続きますヾ(*`・ω・´)ノ

 

 

この記事が面白かったら
こちらのブログランキングのクリックお願いします♪
↓↓↓

 

 

祝ラブホテルデビューした私達

年下彼氏とアラサー彼女の初ラブホテルデビューする話

 

ブログパーツ


トップページ 目次 占い お問い合わせ